Bitnami Redmineにプラグイン(Windows10)

プラグインは下記とした。
・Redmine Issue Template Plugin(チケットのテンプレートを登録できるプラグイン)
ソースコード: https://github.com/akiko-pusu/redmine_issue_templates

1.プラグインのダウンロード
(1)C:\Bitnami\redmine\apps\redmine\htdocs\plugins
に解凍したフォルダ毎コピーする。


(2)プラグイン名に合わせてフォルダ名を変更する
C:\Bitnami\redmine\apps\redmine\htdocs\plugins\redmine_issue_templates-master

C:\Bitnami\redmine\apps\redmine\htdocs\plugins\redmine_issue_templates
※これをやらないとLDAP認証&チケットのページで怒られる!!

2.インストール方法
(1)プラグインをダウンロード
”Bitnami Redmine Stack”を起動し、ディレクトリを移動。
cd C:\Bitnami\redmine\apps\redmine\htdocs\plugins\
以下のコマンドを実行。
bundle install --without development test postgresql sqlite xapian
bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

(2)Redmineを再起動

〝Bitnami Redmine Stack Manager Tool”を起動し、“Manage Servers” タブを開く。
「Thin_redmine」と「Thin_redmine2」を再起動。
(3)クリーンアップを実行する。
”Bitnami Redmine Stack”で以下の2行を実行。
bundle exec rake tmp:cache:clear
bundle exec rake tmp:sessions:clear
(4)Redmineを起動して「管理」、「プラグイン」に追加したプラグインがあることを確認。

3.作業手順
https://codelab.website/redmine-issue-templates-plugin/
https://www.redmine.org/plugins/redmine_issue_templates
https://hosting.redmine.jp/news/2018/07/default-plugin/

4.アンインストール
cd C:\Bitnami\redmine\apps\redmine\htdocs\plugins\
bundle exec rake redmine:plugins:migrate NAME=redmine_plugin VERSION=0 RAILS_ENV=production
rm -rf plugins/Redmine Issue Template Plugin

5.環境
Environment:
Redmine version 3.3.2.stable
Ruby version 2.1.9-p490 (2016-03-30) [i386-mingw32]
Rails version 4.2.7.1
Environment production
Database adapter Mysql2
SCM:
Git 2.12.0
Filesystem
Redmine plugins:
redmine_issue_templates 0.2.1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック