Pioneer S-99twin スピーカー

スピーカーPioneer S-99twinのツイーターが壊れたので交換するついでにコンデンサも付け替えることした。ネットワークはこんな感じになっていた。
コンデンサは電解コンデンサで、

4.7u×1
6.8u×1
8.2u×3

が付いていた。

完全に腐ってる・・・。
大体部品固定にはなくそボンドを使うセンスが良く解らん・・・。バリバリ。

容量もめちゃくちゃになっているだろうから、
Dayton Audio(デイトン オーディオ)製のメタライズド ポリプロピレン フィルム・コンデンサに交換することにした。
全部で5000円位。まずまずお得感あり。

画像


固定は振動の伝達を防ぐためにも、
コンデンサはクッション入りの両面テープにした。

画像


劇的に音が変わったらそれはそれで嫌だなとも思ったけど、
結果はまずまず良好。スッキリした。

少々高音がくっきりして低音が弱くなったかな。
これからどう変化するか楽しみ。。。

画像


追記 2012/2/4
改造後2ヶ月で音が安定してきました。高音域が心地良くマイルドになり、
低音がしっかり出るようになりました。
音に厚みが増し、温かくなった。

日に日に音が良くなっていくのはとても楽しい!!

う~ん。
こんなに良い音が出るスピーカーだったのか・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

xyz999
2012年03月07日 22:15
私も、最近オークションでs-99twinを超安く手に入れました。最初は、シングル接続でしたが、中高音域が沈み込んで、何か変?でした。バイワイヤリング接続にしたところ、俄然、全ての音域が元気に鳴り始めビックリしました。
「コンデンサは電解コンデンサ」との書き込みを見て、私もコンデンサーを購入し 交換したのですが、最初から付いていたコンデンサーはBPでしたので、??状態です。しかし、極僅かですが、左右の音量の違いが正常になり、少し音も良くなった様な気がしますので、交換してよかったと思っています。
2012年03月07日 22:48
交換済みだったのでしょうか?
製造年月日の違いでグレードアップしていたのでしょうか?
えらく古いですが、
このスピーカー中々侮れません!!
自作曲のミックスに使用しているのですが、
細かい音まで良く再現してくれるので重宝しています。
高音域がキツイのが嫌で、
他のスピーカーと併用していたのですが、
見事に再生したのでもう一方のスピーカーは売ってしまいました。




この記事へのトラックバック